ラッコ

2018年7月 27日(金曜日) 筆者 ピンキー

毎日暑いですね。みなさん、夏休みの予定はお決まりですか?この夏鳥羽水族館では海獣の王国から「超ド迫力!ヒレアシ王国」として生まれ変わり、「まるっと、ぐるっと、ヒレアシ祭り」を開催しています。是非、お越し下さい。

さて、ラッコのお話しです。ある日の事です。ラッコの食事の後、いつもの様にロイズは穴の中で、メイは陸の上でお昼寝をしていました。

 

(穴の中にいる真っ黒なモノが・・・ロイズです。)

少ししてからラッコプールを見ると・・・あれ?メイの姿が見えません。隣のプールを見てもいません。

 

ロイズ、メイはどこ? って言ってもロイズは爆睡中。

プールを覗いたら、いました!オーバーハング(陸の下)の下、オーバーハングにくっついてるような・・・感じです。メイは目を閉じてそのままじっとしています。呼吸をするときは・・・

 

鼻の先を水面から出して、「スーハー」。そしてまたオーバーハング下へ・・・。  ロイズは全く気が付かず・・。

オーバーハングの下にいると落ち着くのかな?? 何故なのかは解りませんが、メイの珍しい行動でした。

 

(飼育 ピンキー)

ベビー誕生!!

2018年7月 26日(木曜日) 筆者 いとう

7月14日より開催中の「もっとへんな生きもの夏スペシャル」、すでにお越し下さった方はいらっしゃいますか?

 

つい先日、そこで展示している「ベロネソックス」の稚魚が生まれました!!

まずは親魚の紹介から。

厳つい名前になんだか恐そうな顔、、、

しかしこの魚、なんとメダカの仲間なのです!!

現在当館で飼育しているのは7,8cmほどの個体ですが、成長すると20cmにもなるというから驚きですよね。

さらに餌はヒメダカなどの小さなメダカを食べる肉食魚。

まさに最強最大のメダカなのです。

 

さて、稚魚の話に戻りましょう。

ベロネソックスは卵胎生の魚で、卵ではなくこの様に稚魚の状態で母親から生まれてきます。

少し金色がかった体に黒いラインが特徴的。口の部分はまだ親魚ほど長くはありませんが、すでにメダカらしくない風貌ですね。

毎日餌をたくさん食べてすくすく成長していますよ。

こちらのベビーちゃんたちも展示水槽でご覧頂けます!みなさん是非、観に来て下さいね。

 

【飼育研究部 いとう】

必死なコブシメ

2018年7月 26日(木曜日) 筆者 つぼんぬ

今年の2月に孵化したコブシメたちが順調に成長し、大きくなっています。

いそぴーさんの日記でも紹介されていましたが、7月に入り、5個体をコーラルリーフゾーンの水槽に展示しました。

予備水槽から展示水槽に引っ越しした当初は、緊張気味でエサもあまり食べませんでしたが、最近は食欲旺盛で食べる量も増えてきました。

これは左に見えるエビを狙っているところです。

でも、ガラス面近くにエサがあると、ガラスにうつったエサを勘違いして捕まえようとします・・。

なかなか間違いに気付かず、一生懸命なコブシメ。

昼間はほとんど寝ているような目を見開いて、必死さが伝わってきます。

その後なんとか、自ら気付いて無事に食べることができましたが、毎回ガラス(にうつったエサ)と格闘しています・・。

【飼育研究部 つぼんぬ】

もふもふ

2018年7月 23日(月曜日) 筆者 つじ

暑いからか仰向けで寝るビーバー。

飼育員はもふもふし放題です。

ちなみに、邪魔すんなよっと言わんばかりに一瞥をして、すぐに眠りにつきます。

飼育研究部 つじ

Water Bear

2018年7月 22日(日曜日) 筆者 もりたき

7月14日から始まった夏イベント「これウソ・ホント!? もっとへんな生きもの夏スペシャル」でクマムシを2年ぶりに展示していますが、ヨコヅナクマムシの準備数(冷凍庫で休眠中)が少ないため、急遽、別のクマムシもスカウトすることにしました。

スカウトするのは、こちらのシロクマムシ(通称)

ヨコヅナクマムシが目を持たないのに対して、こちらのクマムシは小さな目がなかなか可愛いです。動きも少し活発(スピーディ)ですね。

採集場所は水族館の目の前。この防波壁にはえたコケの中です。

はがしたコケを水に浸して10分ほど放置すると、かわいいシロクマムシがもぞもぞと動き始めます。

ちなみに、クマムシの仲間は英語でもWater Bear (水にすむ熊)というようです。確かにクマっぽいですね。先日、顕微鏡をのぞいた海外の方が「ワオ!ウォーターベアー!」と声をあげていました(笑)

このシロクマムシの採集自体はめちゃくちゃ簡単ですが、顕微鏡の下で探し出して、スライドガラスに移動させるのがなかなか大変です…

今年の夏は、ぜひ生きたクマムシを見に来てください。

【飼育研究部 森滝丈也】

水あそび

2018年7月 22日(日曜日) 筆者 りゅー

連日の暑さに参りそうなので、涼しげな写真を撮ってきました!

とは言ってもアツアツなカップルですが…

アサヒとキボウはよく水場でよく遊んでいるのですが、時にはかなり激しくじゃれまくります。そうなると、カメラを持って構えていても完全に無視で2人の世界に入ってます。笑

そんな中の一コマですが、みなさんにはどのように見えますか?僕には飼育員と必死なイルカ風に見えました。

本人たちは真剣にじゃれてるだけなんですけどね。

アハハ~アハハハハ~。やだ~水かけないでよ~。バカップル風カワウソに見えませんか?

でも、本当は珍しくアサヒが抵抗している一コマなんです。「じゃれてるからって噛んでくるなよ~」とでも言っているのかも?※エスカレートするとキーちゃんが甘噛みします。

 

 

ドボン。頭隠してしっぽ隠さず。

キーちゃんがアサヒを道連れにしています。取っ組みあって引きづり込んでいました。苦笑

力関係はキボウ(♀)>アサヒ(♂)です。

 

どーせ大した写真撮れてないんでしょ?ヘンなこと書いてないでしょーね?

と言いたげな表情のキーちゃん。結構このジト目をします。

プールサイドにあごを乗せてじっとしてる時がシャッターチャンスですよ~!

飼育研究部 りゅー

 

夏休み突入~!

2018年7月 21日(土曜日) 筆者 たっけー

お久しぶりです!たっけーです。毎日暑い日が続きますね、、、人間もヘトヘトになりながら過ごしていますが、やはり動物もバテている様子。

最近のサニーくん。この暑さで伸びきっています、、

スナドリネコがいる奇跡の森はホントに暑いコーナーになので遊びに来る際は熱中症に気をつけてくださいね!!

そんなこんなで夏休み、水族館では「海獣の王国」リニューアルオープンや「まるっと、ぐるっと ヒレアシ祭り」が始まっていますが、もうひとつイベントがあります!

なんと、『これウソ・ホント?!もっとへんな生きもの夏スペシャル』を「へんな生きもの研究所」にて展示しています。初めて見る生きものや、へぇ~と思わせる生きものが待っています!ぜひ、ワクワクしながら見に来てくださいね!

ちなみに、このハイギョの置物は飼育係の手作りです。笑 お布団は私が作りました。笑

ではでは!【飼育 たっけー】

 

 

TSAが完成しました!

2018年7月 19日(木曜日) 筆者 たかむら

もうすぐ夏休みですね。

当館の定期刊行誌【T.S.A. No.73 2018年夏号】が完成しました!

夏休みのイベント準備と並行しての編集作業。激務でした…苦笑

さぁ、年に2回発行している【トバスーパーアクアリウム】!

今回の特集は7月20日にリニューアルオープンする『海獣の王国』です!

【超ド迫力!!! ヒレアシ王国誕生!】

新プールの見どころについての記事が満載です!

未読の方はぜひTSAを読んで、今年の夏は鳥羽水族館へお越し下さい!

スタッフ一同お待ちしてま~す!

TSAの【申し込み方法】は、当館HP内の定期刊行誌のコーナーをお読みください^^

【飼育研究部 たかむら】

大変身!!

2018年7月 19日(木曜日) 筆者 ろむ

暑い日が続き、夏を無事乗り越えられるか不安な ろむ です。 今回もペンギン達のお話しです。 みなさん去年の5月に生まれたフンボルトペンギンのさつきとナッツを覚えてますか??

さつき

ナッツ

生まれた時こんなに小さかった2羽ですが、無事に1才になりました!! この夏彼らにとって、初めて全身の羽が生え替わる換羽を迎えました。

今現在の2羽は…

さつき                 ナッツ

   

幼鳥の時の羽から大人なのペンギンと同じ白と黒のはっきりとした羽が生えてきたんです!

さつきはイケメンになったと思いませんか?(笑)ナッツはまだ前の羽が残っていますがあと少し☆ どんな姿になるのか楽しみです!!

ぜひ、大人の仲間入りしたさつきとナッツに会いに来てくださいね(*^▽^*)

あと先日、名前を募集していたフンボルトペンギンの赤ちゃんの名前決まりました!!

「あんこ」になりました!! あんこのこともよろしくお願いします☆

それでは みなさん また会える日まで さようなら~

【飼育研究部 ろむ】

タバネサンゴのポリプの増え方

2018年7月 17日(火曜日) 筆者 もりたき

前回の飼育日記で書き込んだタバネサンゴのポリプの成長について、少し解りにくかったかもしれないので補足です。

これは2016年と2018年にタバネサンゴを上から撮影した画像です。

改めて5つのポリプに印をつけて比較してみると、2年間でどのように分裂・成長したかよくわかると思います。c 以外のほとんどのポリプが2つに分裂していますね。

ただこれは全体が単純に倍増したわけではなく、印をつけていないポリプの中には1→4つに増えたものもあります。探してみてください。

これからどんなパターンで分裂していくのだろうか…な~んてポリプの成長過程を想像するのは楽しく、こっそり萌えています(笑)

【飼育研究部 森滝丈也】