ポウちゃんの牙。

2020年1月 8日(水曜日) 筆者 ともちゃん

 

皆さんこんにちは、ともちゃんです。

 

最近、某SNSを見ていると、「#濡れた絨毯」というキーワードをたまに見つけます。

セイウチを触ったことがある方には共感頂けているみたいです(^o^)

 

 

さて、ポウちゃんの話題ですが、ポウちゃんには立派な牙が生えていることは飼育日記でもたくさん紹介してきました。

成長するにつれ一生伸び続けると言われている特徴的な二本の牙。

ポウちゃんの牙が成長につれて少し曲がってきました。

 

これは2016年の夏。

この時はそんなに目立ちませんが…。

 

これが2018年の夏。

分かりますか?ポウちゃんから見て左の牙、少し内側に向いています。

 

これは2018年の12月。

やはり左側が内側を向いています。

 

 

これが2019年の12月で

そして2020年の1月。

やっぱり左の牙が曲がってきています…。

 

牙が曲がってきたからと言って、健康に害があるわけではなく成長の過程です。

与えているエサの種類等で変わってくるものと思われます。

野生ではオス同士の闘争で牙が折れたり、もっと曲がっているのを図鑑で見たことがあります。

ポウちゃんも気にしていませんし、問題はありません!

 

これもポウちゃんの「個性」「色」ですから、今後の牙の成長に注目です!(^^)!

 

【飼育研究部 ともちゃん】

 

 

じっくり見てね。

2020年1月 7日(火曜日) 筆者 ともちゃん

皆さんこんにちは、ともちゃんです。

 

今年も始まって早くも1週間が経ちますね。

仕事始めの方もいらっしゃることかと思います。ガンバレー。

 

先日、セイウチふれあいタイムが終わった後、ツララの個体紹介パネルを見て、一生懸命メモを取っていた男の子がいました!!

紹介パネルには、名前、好きなもの(おもちゃ)、性格等が簡単に書いてありますが、メモを取るほど重要なことは書いてありません。笑

何か気になったのかな?

ともちゃんの独断と偏見で簡単にセイウチの紹介をしましょうか!(^^)!

 

ポウちゃん

・オス(たまに女々しいとこもある)

・牙が長い(30cmくらい)

・エサが大好き

・でかい(1/6現在935㎏)

・機転が利く

・お茶目

 

 

クウちゃん

・メス(ひたすらに女)

・牙がない

・度胸もない

・慣れてくると調子に乗りやすい

・一生懸命さは伝わる

・敏感の幅が謎

 

 

ツララ

・メス

・牙は短い(10cmくらい)

・まったりしている

・時が止まったかと思うくらいゆっくりしてる

・鼻の周りの毛がフサフサ

・環境の変化に気づかない

 

トバスイのセイウチたちは3頭とも個性的。同じように見えても全然違うんです!

写真では伝えきれないので実際に会いに来てくれたら嬉しいな(´艸`*)

 

【飼育研究部 ともちゃん】

 

金魚水槽のプチリニューアル

2020年1月 7日(火曜日) 筆者 かみおか

日本の川ゾーンの金魚水槽のリニューアルを行いました。

バックの植栽部分中心のプチ改装です。

理由は…

増えたシダを抜こうとしたら、10年以上前に作った木の棚が崩壊したからです。

木製造形物が、老朽化というか腐っていたというか、見事に崩落しました。

良い機会なので、「苔のわびさび」をイメージして小綺麗に作り直しました。

ついでに、新年なので、この水槽の隠れ人気スポット「ししおどし」を新しい青竹で作り直しました。

カポーン、カコーンと良い音が響いてます。

かみおか

ビーバーニコ生ありがとう!と、あけましておめでとう!

2020年1月 6日(月曜日) 筆者 つじ

少しお礼が遅れてしまいましたが、ビーバーでのニコ生中継が無事終わりました!

年末年始の業務に押されてお礼が遅くなってしまいましたことをお許し下さい。

ご覧いただけた方もそうでない方にもご報告なのですが、

囓る用に投入していた丸太はあまりにも邪魔そうにしていたので取り外してあげたところ、

とんでもなく快適そうに寝ていました笑

 

最後にやる気に満ちた男子チームの写真を添えて、

明けましておめでとうございます。本年も鳥羽水族館ビーバー軍団をよろしくお願い致します。

飼育研究部 つじ

令和2年の初噛まれ

2020年1月 5日(日曜日) 筆者 にしおか

明けましておめでとうございます。皆さん、こんにちは。にしおかです。

今回紹介するのは、人気者のカクレクマノミには負けますが、こちらの水槽では人気を誇るこの魚!

お客さんには、よくハコフグ!と言われております、名前はコンゴウフグです。

コンゴウフグはハコフグの仲間で、上から見るとこのように箱のような形をしています。

コンゴウフグの見分け方として、赤い丸の部分から棘が出ていることが特徴です。

このコンゴウフグ、掃除をしていると指についてきます。どうやら餌をもらえると思っているようで、手を止めると噛まれました笑。

フグは餌として、貝類等を食べています。貝殻を砕き割って中身を食べるので、フグの歯はとても切れ味抜群なのです。

かわいいからといって、口の前に手を出すと非常に危険なので、やめておきましょう笑。

養殖されているトラフグでは、トラフグが小さな頃に人間用の爪切りを使って歯を切ります。これは、トラフグ同士の噛み合いを防ぐ為に行われています。

こちらのコンゴウフグには、Dコーナーのコーラルリーフダイビングゾーンで見ることが出来ます。

是非皆さん、コンゴウフグに会いに来て下さいね。

【飼育研究部 にしおか】

朝のルーティン

2020年1月 4日(土曜日) 筆者 あおくら

明けましておめでとうございます!2020年もよろしくお願いします。

今年の干支はねずみ年ということで、今回の主役はこちら…

カピバラです!体はとても大きいですが、ネズミの仲間です。今回は屋内で展示中の2頭に注目。

ここでは毎朝9時過ぎ頃から掃除が始まります。掃除道具を持って入ると、お客様から向かって右側にいるパキラちゃんはすぐにプールの中へ。

おかげでいつも掃除がしやすい!でも終わりに近付くにつれて出たそうにソワソワし始めるのでなるべく早く終わらせます…

掃除が終わると朝ごはん。牧草を入れるとすぐに頬張る2頭ですが、お隣のセンちゃんの食べ方はひと味違います。最初は普通に食べていますが…

前脚を器用にのせると…

せっかくエサ箱に入れた牧草を全部床に!そしてこのお顔!バックヤードで片付けをしていて、ガターンという音を聞くと、センちゃんがまたやったな…とわかります(笑)好きなように食べておくれ!

屋外でも2頭がお待ちしています。ちょっと寒いですが、ぜひ見に来てくださいねー!

【飼育研究部 あおくら】

福来るフクロウ

2020年1月 3日(金曜日) 筆者 なかざわ

明けましておめでとうございます。

今年はネズミ年ということで…フクロウを紹介していきたいと思います。(全然関係ないやん)

さて…実は鳥羽水族館に新たなメンバーが加わりました。

それがこのフクロウたち!じゃじゃーん!!

インドコキンメフクロウ と

インドオオコノハズク

ところで、フクロウとミミズクの違いって知っていますか?どちらもフクロウの仲間なのですが、頭に羽角という耳のような羽がついているのが、ミミズク。インドコキンメフクロウのように何もついていないのが、フクロウと言われています。(中には例外もいます。)

そして今回紹介するのは、この子!

インドコキンメフクロウの、名前は「まるちゃん」です。最初来た頃は、とても警戒し、噛んできたりもしていましたが、最近は手からも餌を食べるようになり、さらに触らせてくれるようにもなりました。

少しずつ心を開いてくれているのでしょうか。飼育員をしていて、動物たちが新たな表情を見せてくれるのはとても嬉しい瞬間です^^

現在、いつかお客様の前で活躍できるように、時間や場所、共に不定期でフクロウと一緒に写真撮影を行っています。もし、出会えた貴方は今年1年ラッキーです☆

【飼育研究部 なかざわ】

これからもよろしくお願いします。

2020年1月 3日(金曜日) 筆者 ともちゃん

皆さんあけましておめでとうございます、ともちゃんです。

 

いよいよ2020年が始まりました!

今年は東京オリンピックでオリンピックイヤーとなりますが、皆さんが注目している競技は何ですか??

セイウチたちが出場できる可能性がある競技と言ったら、サッカーかバスケットボールですかね(^^;)

 

そんなネズミ年の2020年も、鳥羽水族館と生きものたちをどうぞよろしくお願い致しますm(__)m

 

 

クウちゃんは左の投げキッスが上手になっています!!

右がこれで…

左はドヤ。

 

ポウちゃんはお決まりの「だっチューの」ポーズ。

 

これから一段と寒くなっていきますが、セイウチたちはこれから本格的な発情期に入っていきます。

エサの要求も強くなり、セイウチたちはフワフワしてると言うか何と言うか…。

人間もしんどいことがあるように、セイウチたちにも不安定な時期がありますので温かく見守ってくださいm(__)m

 

とは言っても、来ていただいたお客様に楽しんでもらえるように頑張っていきますので、セイウチチームはじめ、自由気ままなセイウチたちを今年もよろしくお願いしますね!!

 

【飼育研究部 ともちゃん】

 

 

 

展示デビュー!!

2020年1月 2日(木曜日) 筆者 いとう

明けましておめでとうございます!

ついに2020年が始まりましたね。

年々、1年間があっという間に過ぎていくような気がするのは気のせいでしょうか…

 

さて、奇跡の森では昨年の年末に展示デビューをした生きものがいるので、紹介したいと思います。

それがこちら!!

アオジタトカゲです。

今までに何度かこの飼育日記にも登場しましたが、今回ついに皆様に見て頂ける場所に移動しました!

 

奇跡の森の中にある覗き窓からご覧頂けます!

 

チャームポイントは短い手足とむっちりとした胴長ボディ。

ツチノコみたいです。

そしてお顔はこんな感じ。

体型に似合わず(?)意外と凜々しい顔をしています。

ちなみに舌は名前の通り、本当に青色なんですよ。

ぜひじっくりと近くで観察してみて下さいね!

 

【飼育研究部 いとう】

 

 

猪→子 チューチュー神社へようこそ!

2020年1月 2日(木曜日) 筆者 ニッシー

明けましておめでとうございます!

ついに2020年を迎えましたね!

さて、新年を迎えた鳥羽水族館ではこのようなイベントを開催しています。

その名も…

「鳥羽水2020 夢を叶えるチューチュー神社」

2019年12月28日(土)~2020年1月5日(日)の年末年始にかけて鳥羽水族館にチューチュー神社が登場します。

2020年が子(ねずみ)年にちなんでネズミに関する生きもの達がお正月限定で集まります。

今日はその一部を紹介したいと思います。

生きもの達はこの社水槽に展示しています。

いやぁ~、なんとも神々しい。

では、下段の真ん中の水槽にスポットを当てたいと思います。

こちらの魚になります。

ミッキーマウスプラティというメダカの仲間です。

その名の通り、尾鰭の部分にネズミのシルエットの模様が見えるのが特徴です。

しかし、なんかどっかでみたことあるシルエットですねぇ。なんやっけ?(棒読み)

お腹の中で卵を孵化させて子供を産む「卵胎生」という特性があります。

上手くいけばイベント期間中に赤ちゃんが見れるかも!?

 

1月5日(日)まで開催していますので、よろしくお願いしマウス!

飼育研究部【ニッシー】