TOBAリンピック開幕中 ペンギン障害物競走

2021年7月 22日(木曜日) 筆者 あまま

TOBAリンピック始まってしまいました!アスリート達の競技風景をお伝えします、実況のあままです。よろしくお願いします。

障害物競争のペンギン選手団ですが、換羽が始まり体重が増加して棄権する選手が続出しております!また、今年産まれの新人選手ですが、調整が間に合わずスタメンから外れました。

本日のメンバーは10名の選手が登場です。ロッキーのテーマ曲に合わせ入場して参りました!場内を入場行進して皆様にアピールです。

さぁ、いよいよスタート地点にやって参りました。選手達の緊張感漂う雰囲気に注目して下さい。よーい、スタート!

平均台は見事避けて通り抜けました。障害物競走ですが、あえて障害物に突入することはありません!やはり、野生の知恵でしょうか?危険回避はバッチリです。

つづいての障害物はハードル!おっと、これもくぐり抜ける選手がいます。流石、別名穴掘りペンギン。体勢を低くしての行動は天性のものです。

さぁ、ここからはラストスパート!これは、ハプニングです。一等賞かと思ったチーズ選手がゴールを避けてコースアウト!今回の一等賞は、クリスピー選手でした!

さて、明日は誰が一番になるか?そこは、是非皆さんが見に来て確かめてあげてください!他のアスリート達の活躍にも期待してあげてくださいね。

【飼育研究部 あまま】

 

イロワケイルカの赤ちゃん誕生!

2021年7月 19日(月曜日) 筆者 みなみ

7月11日5時44分、イロワケイルカに赤ちゃんが誕生しました!!

元気な男の子です(*^ ^*)

 

お母さんのステラが破水をしたのは、前日の20時半頃。

なかなか赤ちゃんが出てきてくれないので、飼育員もハラハラしながら見守っていました。

本当に長い時間ステラが頑張ってくれたおかげで、元気な赤ちゃんに出会えることができました。

 

生まれてくるときは尾びれから!

 

 

生まれてすぐ元気に泳ぎだし、ステラお母さんに助けてもらいながら息継ぎも完璧!

ステラは出産4回目のベテランお母さんなので、赤ちゃんの扱いもお手の物。

赤ちゃんが壁やガラスに当たらないように、器用に誘導しながら泳ぎます。

 

すぐにお母さんのおっぱいを探す行動が見られ、その日の夕方にはお乳を吸いはじめました!

担当飼育員もほっと一安心(^ ^)

 

みなさんも赤ちゃんの姿を見ることができます!

まだ少しの音にも敏感で、赤ちゃんにどんな影響があるかわかりません。

見る際は静かに、写真を撮る際はシャッター音はオフにしてくださいね。

 

無事に、元気に育ってくれるよう私たち飼育員と一緒に暖かく見守ってください(*^ ^*)

 

【飼育研究部 みなみ】

ここまでのダイジェストを少しだけ魅せるよ②

2021年7月 19日(月曜日) 筆者 ともちゃん

皆さんこんにちは、ともちゃんです。

 

もうそろそろテンちゃんが生後13ヶ月齢を迎えようとしています!

誕生日からもう1ヶ月も経ってしまったなんて…

時の流れは早いですね。

 

そんなテンちゃんの写真を見返していると、もっと小さかった時に撮った写真と同じ感じで撮影したものが何枚かありました。

これは先日のテンちゃんのトレーニングの時間で「よくできたね~」と頭を撫でているところ。

 

これは生まれてまだ1週間。

カッパに一生懸命吸い付いているところ。

こんな~時代も~あ~ったね、と。

 

これも同じく生後1週間。

自分の前肢に吸い付いております。

この時は何にでも一生懸命に吸い付いていたっけ(^^;)

 

これは今年の2月。

トレーニングが終わってもまだまだ遊び足りない?

頭の周りを触ってあげると目がトロ~んとしていきます。

 

なんだか懐かしく感じてきましたが、まだたった一年前の話。

でもこうやって振り返ると成長がわかるので、面白いですね!

また同じシチュエーションで撮影した写真の紹介もしていきたいと思います!

 

p.sセイウチの給餌表を新しくしました↓

右が新しいヤツ。

絵心ってなんだろう…

 

【飼育研究部 ともちゃん】

ミドリイシを追加しました

2021年7月 18日(日曜日) 筆者 もりたき

エントランスホールにあるサンゴ水槽の照明は、これまで高輝度のメタルハライドランプ(通称メタハラ)を16基使用していましたが、消費電力量が大きいこともあったので(16基×1000w…)、今年の5月に消費電力量が少ないエコなLED照明をメインにした照明に変更しました。

最近では、LED照明もサンゴ飼育に適した良いものがどんどん開発されてきているようです。

メタハラは4基だけ残しましたが、先日の久しぶりにそのメタハラの電球を新替えしました。

これをもってサンゴ水槽の照明工事はひとまず終了です。

そして、今回、夏休みを前にこのサンゴ水槽に造礁サンゴ(ミドリイシ類)を新たに追加しました。沖縄県の石垣島から空輸された元気なミドリイシをサンゴ礁のイメージで配置しましたが、いかがでしょうか。

水槽中央のウミキノコの左側に配置しました。

これからも自然の海のようにサンゴが元気に成長するよう、注意深く飼育を続けていきます。

【飼育研究部 森滝丈也】

海の事故ゼロキャンペーン。

2021年7月 17日(土曜日) 筆者 ともちゃん

皆さんこんにちは、ともちゃんです。

 

7月17日から夏のイベント「TOBAリンピック」が始まりました。

セイウチはウエイトリフティングにエントリーしています!

その様子はまた後日の日記で!

 

そんなイベント初日の本日11時のセイウチふれあいタイムの冒頭で、海上保安庁鳥羽海上保安部の方が「海の事故ゼロキャンペーン」の普及啓発活動にやってきました。

ツララも敬礼で海猿気分!?!?

 

これからの夏の時期、海水浴や釣りなどで海を訪れる方も多いはず。

水族館は「水」に関係する生きものが多く飼育展示されています。

鳥羽水族館の目の前にも伊勢湾が広がります。

マナーを守って楽しむことで、次の世代にも海の素晴らしさを伝えられるはず。

水族館は生きものを飼育展示するだけではなく、生きものを通じて、海や自然環境のことについての活動や発信もしています!

 

セイウチやジュゴンを見て驚きと感動を体感していただくと同時に、彼らが生活をしている海のこと、考えるきっかけになれば幸いですm(_ _)m

ツララ、大役お疲れさん!

 

【飼育研究部 ともちゃん】

 

これからもありがとう。

2021年7月 17日(土曜日) 筆者 やはた

皆さんこんにちは、やはたです。

 

突然ですが、先日7月15日はカリフォルニアアシカ「シルク」ちゃんの17回目のお誕生日でした~!パチパチ

当日は沢山のお客様にもお祝いして頂きました!この場を借りてお礼申し上げます。

 

知らない方のためにも簡単に紹介しますね!

シルクは鳥羽水族館アシカショーチームのエースです!

バランス種目やジャンプ種目、輪投げ種目だってお手の物。

そして今年の6月6日には第3仔となる赤ちゃんを出産したベテランママでもあります。

私は今年初めてシルクの出産に立ち会いましたが、その立派な母親ぶりに敬服しました。

生まれてすぐ、しっかり歩くこともまだ出来ない赤ちゃんに授乳を何度も促したり、赤ちゃんが動くたびに顔の前に自らの腹部を持っていったり、

一緒に寝ていても赤ちゃんが少しでもモゾモゾ動くと飛び起きて赤ちゃんの様子を確認したり、、、。

ただ素直にかっこいいなと思いました。

そんなシルクとこれからも一緒に楽しい時間を過ごしていきたいと思います!

いつも本当に有難う!これからもよろしくね、シルクちゃん^^

こやつ、、、カワイイ!

2021年7月 17日(土曜日) 筆者 まみかん

太陽の日差しがとても厳しい季節がやって来ました。

気温もグングン上がり、毎日暑いですね。皆さん、熱中症には気をつけて下さいね。

さて今回は初めて魚のお話です。

選んだ魚は…この魚です!

皆さんもご存知「アジ」です。

ショーチームにいた時はアシカ・アザラシが食べるエサの認識だったんです。目にするのも上の写真の状態で…。もちろん生きてません。これから、エサとして調餌されるのです。

魚類チームに来て新たな発見!

それは…「アジ」は展示生物なんです!!(笑)

泳いでる姿はとてもキレイ!

キラキラしていて、自然と目で追ってしまいます。

よくよく見ていると…

こやつ、、、意外と、、、カワイイ!!

目がクリクリしていて、、、カワイイ!!

ビックリ!です。今までにはない感情がふつふつと湧いてきました。

今では毎日挨拶する事が日課になっています。

 

ちなみに、あれからは…階段は(何も)壊してませんよ!!(笑)

【まみかん】

みんなおいでよ、TOBAリンピック!

2021年7月 17日(土曜日) 筆者 しんたに

鳥羽水族館では今日からTOBAリンピック開幕です!

館内ではいたるところで競技が開催されていますが、ここ企画展示室では、生きものたちがそれぞれの競技にいそしんでいます。

今回の水槽はどれもおすすめなのですが、その中で今日は一つだけお見せしますね。

ポットベリーシーホースの鉄棒!

ん?みんな根元に巻き付いている・・・さて、鉄棒にしっかり巻き付いてくれる日はくるのでしょうか!

全部で10個の水槽があるので、お気に入りの水槽を見つけていただけたら、と思います。

さてさて、実は今年の鳥羽水族館では【謎解き】イベントを行います!

このようなキットを使って謎を解いて、金メダルをゲットすると・・・

オリジナルマスクがもらえます!!!

巷では、リアル謎解きゲームなどが注目されており、ちょっと気になってたあなた!鳥羽水族館では100円で水中のアスリートたちから出題される謎に挑戦できますよ・・・!!!

ぜひご参加お待ちしております!

まだまだ盛りだくさんなTOBAリンピック。とてもここでは紹介しきれません・・・!また追々紹介させていただきます!

みなさん、ぜひお越し下さい!

【飼育研究部 しんたに】

言葉が通じたらなぁ…

2021年7月 16日(金曜日) 筆者 ひじー

皆さんこんにちは!ひじーです!

今回は新技を教えたことについてお話しします!

協力してくれたのは海獣の王国にいるハイイロアザラシの「カカオ」

 

 

ジャンプや輪投げなど、ド派手な技がある中で今回挑戦したのが、、、「おじぎ」です。

頭を下げるだけです。地味です。

でも初挑戦はこれくらいがいいんです。笑

自分なりに作戦を立ていざ挑戦!

もちろん最初は上手くいきません。

何度も何度も、言葉通じないかなぁなんて思ったり笑

そこで、一方的に伝えるわけではなく、カカオ自身に少し考えてもらう作戦を試してみると予定していた動きをしてくれました!

これは偶然なのか、それとも伝わったのか、もちろん実際どうなのかは分かりません笑

でもカカオとの挑戦で一歩進んだことは間違いありませんでした!そこからはお互い何かを掴んだのか、無事「おじぎ」を完成させることが出来ました!

 

 

 

改めて言います。地味です。

今では何も合図をしていないのにドヤ顔しながらやってくることもあります笑

 

一回のトレーニングの時間で少しでも動物にとって楽しいって思える時間を作れたら嬉しく思います!

これにて!カカオと作り上げた特別な新技の完成!!!!!

 

【飼育研究部 ひじー】

TSA79号が完成しました!

2021年7月 16日(金曜日) 筆者 たかむら

お待たせしました!

当館の定期刊行誌【TSA】2021年夏号(79号)が完成しました!

出来上がったTSAを手にして「ようやく完成」って、しみじみ感じました…

さぁ、今回の表紙は【セイウチのテンちゃん】です!

↑↑ おぉ!おすましテンちゃんであります。

こう見ると、大人のセイウチと比べるとまだ幼さがありますね。体は大きくなってもやっぱり子供です。

ということで、特集記事ももちろんセイウチのテンちゃん。

飼育担当者さんにテンちゃんの成長記録を熱く書いてもらいました。

(タイトルに「超絶待望!」ってあるくらい気合いの入った文章となっております。)

さぁ、この他にも今回も盛りだくさんの内容となっていますよ!

当館の定期刊行誌であるTSAは、多くのページを当館のスタッフが原稿を書いています。

飼育日記では読めない裏話や深い話もいっぱいです。

気になったかたは、ぜひ手に取って読んでみてくださいね。

ご案内はこちら~ 定期刊行誌 TOBA SUPER AQUARIUM | 鳥羽水族館公式ホームページ

もしくは…ご来館された際に、館内インフォメーションで「TSAくださいな」とお申し出ください^^

では皆さんのご感想お待ちしてます。

【飼育研究部 たかむら】