君はまだシンデレラさ

2022年1月 14日(金曜日) 筆者 ろっきー

遅ればせながら、新年ならびに新成人の皆様、おめでとうございます。

成人式の日は、子供から大人へと成る節目の日でもあるので、良くも悪くも記憶に残る1日になりますね。

両親へ感謝を伝えたり、普段しないような恰好をしてみたり、アヒルの被り物をしてみたり。(笑)

なので今回は、鳥羽水族館から成人式に参列できそうな生きものを紹介しますね。

 

エントリーNo.1 【フリソデエビ】

色鮮やかな体色に、葉状に広がるハサミ脚が、成人式でお馴染みの「振袖」に見える事からこの名前が付けられたと言われています。この日の男性は、女性の振袖姿を見ることが楽しみの1つです。間違いありません。

 

エントリーNo.2 【モンハナシャコ】

シャコパンチで有名ですね。派手な見た目に得意のパンチ。この子はきっと北〇州。(笑)

 

エントリーNo.3 【ハナギンチャク科の一種】

こちらはハナギンチャクと言うイソギンチャクの仲間になります。ピンク色の派手なヘアースタイルですが、刺激を受けるとすぐ棲管に隠れる臆病者。生きものは見た目によらない、、

 

どうですか?今回は3種でしたが、鳥羽水族館にはまだまだ沢山の候補者が暮らしていますので、その子達を見ながら遠い昔の思い出に浸るのもいいかもしれませんよ。

最後になりましたが今年も何卒よろしくお願い申し上げます。

 

【飼育研究部 ろっきー】