体調管理の難しさ。

2021年12月 5日(日曜日) 筆者 ともちゃん

皆さんこんにちは、ともちゃんです。

 

1週間ほど前からポウちゃんの状態がいつもと違いました。

エサへの反応(要求、食べ方など)は普段と大きく変わりませんが、プールの中では体が重そうな感じでほとんどずーっと浮いたまま。

左の前肢を使って起き上がったりするのに抵抗があるようで、トレーニング中の動きもいつもに比べると活発さは感じません。

体温が高かったので、獣医さんと相談して投薬とエサ量の調整、採血をしました。

 

現在は体温も下がって、体の動きも少しづつ戻ってきています。相変わらずエサは欲しそうな印象で、少し安心しています。

ここ最近グッと寒さがやって来たと思ったら、2.3日暖かさが戻ったりと、1週間の中でもかなり差があったように感じます。

野生下で厳しい環境に生息するセイウチたちは、僕らと同じかそれ以上に環境の変化(気温や水温)には敏感なのでしょうか。

以前飼育日記でも紹介しましたが、発情期にはホルモンバランスに変化が出ますので、行動や体調に少なからず変化が起きます。

 

体が大きなセイウチたちの体調管理の難しさには、いつまでたっても慣れません。

病気の予防や、いざという時の治療のために、日々のトレーニングの重要性を感じました。

 

【飼育研究部 ともちゃん】