沖合底曳き網採集に行ってきました

2021年11月 15日(月曜日) 筆者 もりたき

昨日は5ヶ月ぶり、今シーズン最初の熊野灘沖合底曳き網採集に行ってきました。

いつもお世話になっている紀伊長島の甚昇丸は今年の夏に新造船になったので、もう乗船自体がワクワクしますね。早朝2:00出港で19:00帰港。今回は志摩沖水深200-320mでの曳網でした。

採集終えて、水族館戻ってから生物搬入。採集から搬入まで全部私1人の作業ですが、もう疲労感すら心地良い(笑)

さて。今回採集した中で展示効果がありそうなのは、クボエビやヒガイでしょうか。

あとは未記載種(まだ学名がない生物)もいくつか採集できましたよ。

ニチリンヒトデと○○○(矢印)

ヨコヤホンヤドカリと○○○(矢印)

ジンゴロウヤドカリと○○○(矢印)

もう、分かる人にしかわからない(笑)これらの生物は過去の飼育日記で何度か紹介したので、ここでは詳細は伏せますが、予備水槽で状態が落ち着いたら順次展示に出していきます。

【飼育研究部 森滝丈也】