ダイオウグソクムシ№32が排便しました(たぶん)

2021年11月 7日(日曜日) 筆者 もりたき

みんな大好きダイオウグソクムシ!

代謝の遅いダイオウグソクムシは排便のペースは遅いようです(野生でどの程度か不明)

先日(11月5日)、久しぶりにダイオウグソクムシの排便を確認しました。

実は、この日は給餌日で水槽にマアジを与えていましたが、5匹とも全く反応なし…。しばらくして水槽を見て、初めて底砂の上に未消化物が散らばっていることに気が付いたのです。

位置からして、一番右側のシェルターに隠れていた№32が排便後、腹肢をビラビラと動かして便を吹き飛ばした様子。

便中の未消化物を確認すると、よく見かける魚のウロコやカイメンの仲間?、魚の骨?らしきもの(カタチが気になる)や甲殻類の殻など。

№32は最近、摂餌活発ですが、今回の便の未消化物を見ると、どれも水族館で与えた餌由来ではなく、深海で食べたと思われるものばかりでした。

№32

№32が入館したのは今年の3月。7月から水族館で餌を食べ始めましたが、ここにきてようやく深海で食べた餌を排便したようです。

【飼育研究部 森滝丈也】