イロワケイルカ赤ちゃんの近況

2021年10月 22日(金曜日) 筆者 わかばやし

今年の7月11日に生まれたイロワケイルカの赤ちゃんは、その後順調に育っています。2019年に同じお母さんから生まれた赤ちゃんが、2カ月後に血液の病気になって亡くなったため、今回も同じことにならないかと心配していました。しかし今年生まれた赤ちゃんは、生後44日目に行った血液検査でも異常はなく、9月21日(生後72日目)からは餌も食べだしています。今もお母さんのオッパイからの栄養摂取がメインですが、シシャモも1日に700gほど食べるようになりました。「もっとちょうだい」という感じで、しつこく餌のおねだりにもやってきます。

餌もこれくらいの量を食べるようになると、私たち飼育係も一安心です。プクプクに太って、はしゃいでいる赤ちゃんイルカを毎日楽しく世話しています。ただいま名前の募集中で、もうすぐ素敵な名前がつく予定です。新型コロナも少し落ち着いて来ましたし、是非とも可愛い赤ちゃんイルカを見に来てください。

【飼育研究部 わかばやし】