「やまおかの推し魚」第8回 マツカサウオ

2021年9月 19日(日曜日) 筆者 やまおか

やまおかの推し魚、今回はマツカサウオです!

マツカサという名前の通り、体の模様が「松ぼっくりのかさ」のように見えるオシャレな魚です。

英名も「Pineconefish」と付けられ、Pineconeは松かさという意味の英語なので、和名でも英名でもマツカサウオという、世界共通の松ぼっくり魚なのです。

この模様は1枚の鱗が黒で縁取られることで形作られています。

そしてなんと言っても、この魚、とてつもなく硬いです。

鰭と眼以外は本当にカッチカチです。

おでこの部分もこんな感じ。柔らかさが微塵も感じられません。

さらに、背びれと腹びれにはとても強靭な棘が備わっています。

また、1枚1枚の鱗には小さな棘もあり、刃のついた鎧を身にまとったような魚です。

まさに天敵から身を守ることに特化した魚と言えるでしょう。

 

ちなみにそんな最強の防具を備えたマツカサウオですが、食べると美味しい魚です。

カッチカチの体のせいで調理がなかなか難しく、食べる機会はあまりないかもしれませんが、強固に守られた身詰まったうまみをお試しください。

 

【飼育研究部 やまおか】