シマフグが入館しました

2021年8月 28日(土曜日) 筆者 もりたき

水族館の近くで釣りをしていた人からシマフグをいただきました。

シマフグは年に数回程度は搬入されるので、それほど珍しい種類という訳ではありませんが、なかなか綺麗で、個人的にフグの中ではまぁまぁ好きな種類です。

さっそく展示水槽へ搬入しました。

その名の通り、体全体に縞模様があって、私の年代的には「ダダ星人」ぽいな、と思ったり…(笑)。わからない方は画像検索してください。

そして、口・鼻・目・各鰭が鮮やかな黄色なのもキュートですね。

特に、鼻!なぜそこまで自己主張しなきゃいけないんでしょうか(笑)

シマフグの自己主張激しい鼻の理由は不明ですが、ここで豆知識。

私たちの鼻の穴(鼻孔)は2つですが、実は魚には4つあるんですよ(左右2つずつ)。

隣り合った鼻の穴は内部でつながっていて(トンネルみたいなイメージ)この中に水を通して匂いを感知しているそうです。また、鼻の穴とエラはつながっていないので、呼吸には関係ないようです。

【飼育研究部 森滝丈也】