オレンジでイボイボ

2021年8月 21日(土曜日) 筆者 もりたき

熊野灘の水深200-500mで採集した泥岩から出現した小さな正体不明イソギンチャクの続きです。

先日、イソギンチャク研究者に見てもらおうと水槽を見たら…ひぇ!行方不明になっている!!一瞬焦りましたが、すぐに水槽の底砂の上にいるのを発見。すぐに回収して、元いた泥岩の上に移動させました。

でもこんなハプニングがあったせいで、今回、初めて全体の姿を確認することができました。

発見時は、泥岩の隙間からチンアナゴのように伸び出ているようにも見えたイソギンチャクですが、からだはそれほど長いわけではなく、ちゃんと小石の上に付着することもできるようです。

見ていると、徐々にからだを伸ばしていきます…

上から撮影。いつ見ても一部の触手だけが長く伸びているのはちょっと不思議。

あ~伸びきってリラックスしたように見えますね(笑)。でも、やはり伸びる触手は一部(数本)だけ。

伸びても高さ5㎜にも満たない小さなイソギンチャクの「イボちゃん(仮名)」

今のところ、正体不明です。観察は続けます。

【飼育研究部 森滝丈也】