ガラス掃除の苦労

2021年8月 13日(金曜日) 筆者 せこ

この写真は、マロン(ザリガニの仲間)の円柱水槽のガラス掃除をしているところです。

若手ザリガニ担当者がやっていた方法で、スポンジ片手にかなり無理のある体勢で行います。

私は見るからにしんどそうな、こんなやり方をしたくなかったのですが、実際にやってみると擦り残しも少なく、わりと短時間(10分ほど)で終わらすことができます。

ずっとやってきて分かったことなんですが、この格好は、少々無理をしても水槽に落ちることがありません。

ただし頭に血が上るため、軽いめまいと吐き気があるので、オッサンの身体には毒であり、作業が終わる頃には、強烈な疲労感に襲われます。

 

しかーし最近は、柄付きの洗車用スポンジという、かなり昔からある素晴らしいアイテムを使うことにより、当たり前のことですが、めまいと吐き気に襲われることなく、楽にガラス掃除ができるということに、今更ながら気付かされた今日この頃です。

【飼育研究部 せこ】