扉を開けたらブルースカイ。

2021年8月 11日(水曜日) 筆者 ともちゃん

皆さんこんにちは、ともちゃんです。

 

昨日、テンちゃんの飼育しているプールの深さを調節していた架台を撤去して水深を深くしました。

その関係で半日だけですが、テンちゃんを隣の大きな飼育場へ移動していました。

隣のプールに出るのは初めてのことでしたので、少し警戒するかな?と思っていましたが、すんなりと移動し、周りを確認していました。

 

飼育員のお兄さんには興味なし。笑

気になる方へ自分からドンドン進んでいきました。

 

でも、飼育員のお兄さんが出ていこうとすると、寂しそうに追いかけていきました。笑

 

いつもより深いプールを泳いだり、目の前のお客さんを観察したり、いつもとは違った刺激を感じたと思います。

用意したエサも完食していたので、たくさん動いてエネルギーも使ったのでしょうか?

 

いつもとは違う刺激を感じてもらうのも大事な事。

いつか大人のセイウチたちと共に生活し、そこで「セイウチとしての生き方」も学ぶでしょう。

彼らが生活しやすい環境を整えることが飼育員の大きな仕事です。

 

【飼育研究部 ともちゃん】