「やまおかの推し魚」第7回 イトヒキアジ

2021年7月 27日(火曜日) 筆者 やまおか

さて、今回は最近、鳥羽水族館へ仲間入りをした「イトヒキアジ」です。

背鰭と臀鰭から伸びた鰭条が、糸を引いていることから名付けられたと言われています。

しかしながら、このイトヒキアジ、実は幼魚で成魚になると姿が大幅に変わってしまいます。

身体は横に長く伸長し、伸びていた鰭条も無くなってしまいます。

つまり「イトヒキ」要素が無くなってしまうのです。

なので、現在展示中の個体はすべて幼魚ということになります。

 

ちなみにこの魚、とてもデリケートな種類なので、

水族館に来てすぐはトリートメントしてあげることも大事です。

トリートメント中の水槽です。

リポ〇タンDのような水の色をしていますが、魚の栄養補給には使用できませんので、全く違う魚専用の薬品を使用しています。

 

こうして数日間のトリートメントを終えて、いざ水槽へ!

集まって、群れで泳いでくれています。

銀のキレイな身体からたなびく糸がとても幻想的ですね!

 

ちなみに幼魚期は海面付近を泳ぐことが多く、伸びた鰭条と光が反射して体をきらめかせる姿は、クラゲに擬態していると考えられています。

言われてみればたしかにクラゲに見えなくもない・・・かな?

 

【飼育研究部 やまおか】