アシカが3頭生まれました!

2021年7月 10日(土曜日) 筆者 おーむら

今年アシカチームではミナミアフリカオットセイが1頭

カリフォルニアアシカが2頭 計3頭のアシカ科が誕生しました。

 

誕生したアシカたちは胎児になる前、つまり母親が排卵する時から見守ってきました。

採血で排卵を予測し排卵日に交尾を見守り、小さい胎児をエコーで観察、採血にて出産日の推測をして、約1年の妊娠期間を経て誕生してきてくれました。

オットセイの【ラン】は2回目、アシカの【シルク】は3回目。

アシカの【みかん】は初めての出産でした。

 

出産、育児の経験があると言っても生まれてくる命は、どんな時でも初めまして。

親が育てられないケース、子どもに元気がないケース etc。様々な過去事例から

もしもに備えて誕生に立ち会いました。

 

3頭ともそれぞれ育児がスパルタだったり、過保護だったり、手探りだったりして面白いです。

 

普段はアシカショーでアシカたちの能力を見て頂いていますが、

子育てといった自然本来の姿を多くの皆さんに直接頂きたいなと思います。

今はランちゃん親子のみを展示しています。

名前も決まりまして、【あおば】になりました!

また皆さん会いに来てください。

【飼育研究部 おーむら】

ラン親子

シルク親子

みかん親子

 

微笑ましい^^