ヤマトグソクムシと正体不明種

2021年6月 21日(月曜日) 筆者 もりたき

前々回の飼育日記で、正真正銘のメナガグソクムシを採集しました!と紹介しましたが、よくよく調べてみると、別種のヤマトグソクムシAegapheles japonica だと判明しました。すみません。日記も訂正しました。

実はこのAegapheles属(トガリグソクムシ属)は日本近海からは2種知られていますが(もう一種がメナガグソクムシAegapheles antillensis)図鑑やネット情報ではこの2種が混同されてメナガグソクムシとして紹介されていることが多いようです。

ところで、実は今から7年前の6月にもAegapheles属が入館したことがあります(志摩沖水深200mで採集・現在は標本として保管)

当時の飼育日記でも例にもれず「メナガグソクムシが入館しました!」と紹介してしまったのですが、どうやらこれも本当のメナガグソクムシではなさそう。それで、長らく正体不明扱いにしていたのですが、この機会にきちんと調べてみることにしました。

すると…

これまでに報告されたAegapheles全17種いずれにも該当しないことがわかりました。

これは、いずれきちんとした形で報告しなければいけませんね。

では、また。

【飼育研究部 森滝丈也】