ラッコのうんち

2021年6月 15日(火曜日) 筆者 みなみ

この写真は、今まさにうんちをしようとしているキラです。

 

メイとキラがどんなうんちをしていると思いますか?(^o^)

 

鳥羽水族館では毎日お昼の餌のあとに、うんちを網ですくって回収しています。

ラッコが食べた餌は2~3時間ほどで外に出てくるので、お昼に出るうんちは朝の餌のうんちです。

 

2頭のうんちをそれぞれ回収します。

左がキラ、右がメイです。うんちの2頭の違い、分かりますか?

キラの方に多い黄色いものは“イカ”、メイの方に多い茶色っぽいものは“エビの殻”

キラはイカと貝しか食べることができないので、うんちもイカばかり。笑

メイのうんちには、エビの殻の他にもイカや魚肉の繊維なども混ざっています。

 

もうひとつ面白い違いが、うんちの大きさ!

キラは小さく、メイは大きいものが多いですよね!

これはキラが餌を食べるとき、ひとくちが小さい証拠。笑

ひとくちが小さいから食べるスピードも遅くなってメイに横取りされるんやで・・・笑

 

うんちをする瞬間は脚を大きく広げて、スタンバイ。

しっぽを上にしたり、おしりをフリフリしたり。

 

今日はどんなうんちなのか、においはどうか、うんちもラッコたちの体調管理には大切なもの。

 

ちなみに、うんちは全く臭くありません(^ ^)笑

 

【飼育研究部 みなみ】