TOBAリンピック開催まであと37日 選手の様子

2021年6月 10日(木曜日) 筆者 あまま

ここ数日暑い日が続いています。皆様お変わりございませんか?夏の企画展「TOBAリンピック」開催まで、あと37日となりました。ペンギン達は障害物競走にエントリーしています。今日はその練習風景を紹介したいと思います。

ペンギンの仲間でも、ジャンプ力があるのはイワトビペンギンですが、鳥羽水族館で飼育しているのはフンボルトペンギンです。ジャンプ力はどうでしょう?個体差があるようで、現在、バックヤードでハードルの練習をしています。

このように見事に両足で跳ぶ選手もいます!右腕に赤と白のタグがついている「クリスピー選手」です。

ですが、なかにはこのように・・・。

ちょっとジャンプが足りず、あ~!!!左腕に青のタグがついている「アモーレ選手」です。男性の方、安心してください。思わず痛そうと思われた方もいらっしゃるかと思いますが、ペンギンです!そこをハードルでぶつけても大丈夫です。ペンギンで良かったね~まだ、日はあります!頑張れ~「アモーレ選手」!

障害物競走なので、ハードルの以外にも平均台等もあります。どんな障害物競走になるか、これからの仕上がりに期待しつつ、選手達のコンディションを整えていこうと思います。皆様お楽しみに!

【飼育研究部 あまま】