10000回目の「ありがとう!」

2021年5月 22日(土曜日) 筆者 ともちゃん

皆さんこんにちは、ともちゃんです。

 

今までたくさんの方が書いてきた飼育日記ですが、なんと今回のともちゃんの飼育日記は「鳥羽水族館・飼育日記の累計10000回目」となります\(^o^)/

 

いつも飼育日記をご覧いただいて、ありがとうございますm(__)m

1999年に始まった鳥羽水族館の飼育日記。

水族館のことだけではなく、飼育員の疑問や悩み、生き物やお客さまとのエピソードなど、約22年に渡って書き溜められてきました。

昔の飼育日記を見ていると、貴重なジュゴンの様子や、アフリカマナティー、セイウチの搬入などの記事まで、多岐にわたっています。

 

飼育日記が始まった1999年当時は、インターネットが現在のようには普及していません。

スマートフォンや手軽に動画を視聴できたりするツールが限られていたことでしょう。

それにも関わらず22年も続けてこれたのは 、いつも鳥羽水族館を応援して下さる皆様と、現場の飼育員たちの「生き物の魅力を伝えたい!」という思いがあったからこそだと思います。

 

写真だけじゃ、文字だけじゃ、伝わらないかもしれない。

でも、写真でしか、文字でしか伝えられないことがあります。

 

これからも生き物の魅力を伝える場として、偉大な先輩が築いてくれたこの飼育日記を、更に充実させていきたいです。

 

【飼育研究部 ともちゃん】