仮面ライダーより変わってる

2021年5月 22日(土曜日) 筆者 ろっきー

こんにちは、ろっきーです。

今回は「へんな生きもの研究所」のアマモ水槽で産まれた生きものについてのお話です。

 

この子が今回の主役。何だか分かりますか?

これ実は【アシナガモエビモドキ】というエビのゾエア幼生なんです。※ゾエア幼生とはエビやカニの幼生期間の内、1つの段階における名称です。

簡単に言うとエビの赤ちゃんです。この様にへんてこな姿で産まれてきます。

可愛いでしょ??

 

 

こちらが親エビの姿で、皆さんがよく知るエビの姿をしています。小さい頃にあんな姿をしていたなんて想像できませんよね。成長ってすごい、、

産まれた直後の大きさは2.0mm程で何度も脱皮を繰り返し、エビの姿へと変体していきます。幼生を回収したのは今年の1月だったのですが、あまりにも小さいので展示することは出来ませんでした。

 

しかし、ようやく1cm程の稚エビにまで成長することができましたので、この度アマモ水槽で展示することになりました!

 

この様に、アマモ水槽に取り付けた小さなケース内で展示しています。ご来館された際には是非会いに来て下さい。

 

ちなみに、こちらは有名な【キンチャクガニ】。イソギンチャクを持つ姿から、ボクサーガニやチアリーダーなんて呼ばれることもあります。

そしてこちらが産まれた直後のゾエア幼生の姿。

えっ?!?!

この頃はまさか自分が将来、ポンポンを持った可愛い姿になるとは思ってもいないでしょうね、、笑

 

【飼育研究部 ろっきー】