偶然も二度目には運命だよ。

2021年4月 28日(水曜日) 筆者 ともちゃん

皆さんこんにちは、ともちゃんです。

セイウチに何かを教える時は「ご褒美」を使います。

ご褒美と言っても沢山あります。

エサとなるお魚、おもちゃ、氷、体を触ってあげること…

ご褒美の中でも特に人気絶大なのはエサです。

エサ(食べ物)は動物の生命維持に必要不可欠だからです。

最近ともちゃんは、セイウチたちに何かを伝える時に、そのご褒美を『できるだけ早く』与えています。

それは、彼らが行動したことに対して素早く「OKだよ!」と伝えたいからです。

例えば人間なら「ラーメンが食べたいなぁ」と思ってる時に、ラーメンが出てきたら「これこれー!」ってなります。

でも「ラーメンが食べたいなぁ」と思ってから3.4時間後にラーメンが出てきても「うん、美味しそう(今は気分じゃないけども…)」って。

何が言いたいかというと、タイミングよくご褒美を与えないと、伝わり方に差が出てしまうという事。

特に初めて教える動きには、素早く・たくさん与えると伝わりやすい気がします。

ですが、たくさん与えすぎると、その動きを何度も繰り返してしまうので、ご褒美の量についても注意が必要です。

「教えて・教えられて」ヒトも動物も考える時間は、とても幸せな時間なのです。

 

【飼育研究部 ともちゃん】