「やまおかの推し魚」第6回 ヌタウナギ

2021年4月 22日(木曜日) 筆者 やまおか

推し魚、今回は「ヌタウナギ」です!

見た目的には少しきもさがありますが、すごい生きものなんです!

 

頭部を少しズームして見ると・・・

数本のひげがあり、頭部の先端の穴は「口」ではなく「鼻」です。

口は鼻の下のしわになっている部分で、顎がなく横に開きます。

その姿はまるでエイリアンのようで、割とホラーチックです!

ちなみに歯は抜け落ちて生えかわります!

 

そしてやはりヌタウナギと言えば、「ヌタ」ですね!

ヌタは透明で、繊維質になっていて、まるで蜘蛛の巣のようです。

このヌタは「ムチン」と「ケラチン」という2種類のたんぱく質から構成されています。

ムチンは人の鼻水や涙に含まれている成分で、ケラチンは人の髪の毛の主成分です。

ケラチンが繊維状になっているので、ヌタも繊維質になるのです!

 

ちなみに現在、絶賛開催中の企画展「にゅるにゅるトゲトゲ生物の謎」において、ヌタウナギを触ってヌタを体験することができる、「ヌタウナギのにゅるにゅるヌタヌタ大実験」も5月9日までの土、日、祝限定で行っています。(春の企画展体験イベント 「ヌタウナギのにゅるにゅるヌタヌタ大実験!」参加者募集 | イベント・新着情報 | 鳥羽水族館公式ホームページ (aquarium.co.jp)

こんな機会はめったにないので、ぜひご参加下さい!

 

【飼育研究部 やまおか】