イッスンボウシウロコムシの行動

2021年4月 18日(日曜日) 筆者 もりたき

3月に新種デビューしたばかりのイッスンボウシウロコムシ。メスの背中に小さなオス(矮雄)が乗る興味深い生態が明らかになりました。

複数種のヤドカリやクマサカガイ(巻き貝)と共生関係にあり、貝殻の中から見つかりますが、特にジンゴロウヤドカリと一緒にいることが多いように感じます。

時にはヤドカリと共生関係にあるヒメキンカライソギンチャクの体壁で見つかることもあります。

現在、へんな生きもの研究所で3匹のメスを飼育していて(オスの存在は未確認)、その内の2匹を一緒に小型プラスチックケースに隔離して展示しています。1匹はジンゴロウヤドカリが背負っていた貝殻の中、もう1匹は観察しやすいように単独で管理しています。

そんな、普段は干渉し合わない(と思っていた)2匹ですが、今日ふと見ると、単独個体がイソギンチャク付きの貝殻に接近中…。何気なく観察していると、この個体は貝殻の中の個体にパッと飛びかかって噛みついたのです!

普段はかなり動きが遅いだけに、その素早さに驚きました。攻撃自体はほんの一瞬で、その後はいつもの状態に戻りましたが、こんな行動を観察したのは初めてです。

その後、相手の動きが気になるのか、貝殻の中の個体は身を乗り出して外を確認するような素振りを見せていましたが、これまた興味深い…

【飼育研究部 森滝丈也】