チヂミトサカをいただきました

2021年4月 13日(火曜日) 筆者 もりたき

いつもお世話になっている菅島の漁師さん(幸進丸)からチヂミトサカの仲間をいただきました。

ひとまず予備水槽に収容しましたが、近いうちに展示水槽に出す予定です。

結構立派な個体がいくつかあり、ポリプが開けば満開のサクラのような雰囲気になるのではないでしょうか。楽しみです。

そんなチヂミトサカの表面に小さな生物が見つかることがあります。

今回見つけたのはウミウサギガイ科のテンロクケボリ。巻き貝です。

大きさ1cmほどですが、真っ白な貝殻がカラフルな外套膜に覆われていて、とても可愛らしい姿をしています。

テンロクケボリはチヂミトサカを食べますが、食べる量はわずかなので、チヂミトサカにとって問題はないと思います。

それから真っ白なウミトサカウロコムシ(たぶん)もいました。

これはゴカイなど同じ多毛類で、ヂミトサカに共生していますが、白すぎて何が何だかわかりませんね…

今回の飼育日記は少し春めいた雰囲気の生物たちの紹介でした。

【飼育研究部 森滝丈也】