小さなカニが増えました

2021年3月 27日(土曜日) 筆者 もりたき

先日の沖合い底曳き網採集はカンムリヒトデのシダムシだけに興奮していたわけではなく、ちゃんと展示生物も色々採集しましたよ。

採集地点は熊野市沖の水深200-280mでしたが、この海域の特徴なのか、カンムリヒトデを始めとしたヒトデの個体数が目立っていましたね。カンムリヒトデ以外だと、こちらのAnthenoides epixanthus(左、右)とRosaster symbolicus(中央)とか。このヒトデは共に和名はありません。

あと、カニやヤドカリも色々と採集できたのですが、どういう訳かどれもサイズが小さめで、期せずして、へんな生きもの研究所の小さなアパート水槽にジャストサイズでした。

私の指先の大きさと比較してみてください。

こちらは可愛いミツハキンセンモドキ。

このサイズは初めて見るかも?ヒラアシクモガニ。甲幅2㎝弱。

少々酷い写真ですが…(笑)ヒラホモラ。やはりこのサイズの入館は初めてだな。

そして、ヒメヨコバサミ属の一種。まぁ、これは元々小さめのヤドカリですが(笑)

そんな、小さな甲殻類が充実した「へんな生きもの研究所」。

皆さん是非お越しください~

【飼育研究部 森滝丈也】