にゅるにゅるトゲトゲ

2021年3月 25日(木曜日) 筆者 にしおか

皆さん、こんにちは。にしおかです。

先日3月20日より、春の企画展『にゅるにゅるトゲトゲ生物の謎』が始まりました。

タイトル通り、トゲトゲした生きものやにゅるにゅるした生きもの達が沢山展示されています。今回は特別に展示している、生きもの達を少し紹介したいと思います。

まず始めに、にゅるにゅる代表のヌタウナギです。

ヌタウナギは危険を感じると、体側の粘液腺から、ヌタと呼ばれる粘液を分泌します。それが海水と反応して、海水をゼリー状に変えてしまいます。

なんと実は!土日・祝日限定のイベントツアー(事前予約制)で、ヌタウナギを触って、海水をゼリー状に変える体験が出来ます。気になった方は、是非お電話でご予約してみてくださいね。詳しくはこちらに載っています。https://www.aquarium.co.jp/event/index.php?id=849

 

次は、私の癒し的存在、トゲトゲ代表のハリネズミです。

彼らは基本的には夜行性で、お昼は休んでいて、主に夜、活動します。この写真のように、ほとんどここで寝ています。横にいるのは、タワシです。

ちなみに、こちらは起きて動き始めたハリネズミです。

ただただかわいいですね。

 

他にも沢山のにゅるにゅるトゲトゲな生物達が展示されていますので、是非会いに来て下さいね。3階企画展示室でお待ちしております。

【飼育研究部 にしおか】