小さなタカアシガニが脱皮しました

2021年3月 23日(火曜日) 筆者 もりたき

現在、へんな生きもの研究所のアパート水槽で、熊野灘の沖合底曳き網で採集した小さなタカアシガニを2匹飼育しています。甲幅1㎝と3㎝ほど。タカアシガニは幼体の頃はモジャモジャとした毛が生えているので成体とはずいぶんイメージが異なります。

先日、2匹のうち体の大きな方が脱皮している姿を見かけました。

自力でほとんど脱げていましたが、最後の最後で殻が引っかかってじたばたしていたので、そっと脱がしてあげました(笑)

アセアセ…

脱げた!(と言うか、脱がせてもらったよ!)

そして今日は給餌日だったのですが、すっかり体が硬くなったようでオキアミを受け取って食べていましたよ。少しサイズアップして、タカアシガニの雰囲気が少し出てきましたね。

小さなタカアシガニはへんな生きもの研究所のアパート水槽(カガミモチウニ水槽とヤドカリスナギンチャク水槽)でご覧いただけます。

【飼育研究部 森滝丈也】