食虫植物水槽どこいったの?あなたの心の中かもしれませんね。

2021年2月 20日(土曜日) 筆者 ゆぅ

皆様こんにちは、ゆぅです。厳しい寒さが続いておりますが、体調を崩さぬようお気を付けくださいね。さて、もうお気づきになった方もおられるかとは思いますが、Gコーナー奇跡の森エリアにある食虫植物水槽がまたしても姿を消しました。いや別に水槽が勝手にトコトコ何処かへ行ったわけではないのですが、ほぼ毎年恒例「寒さを体感して春に芽吹こう!」が始まったのですよ。

以前にもお話ししましたが、当館で培養している食虫植物たちは全て四季のあるお国出身です。自然界で彼らは寒い季節に冬眠を行っており、春になるとまた芽吹きます。そんな生活を営んでいる彼らを常に暖かいところで育てていると、どうしても年々弱っていってしまうのです。そのため、少なくとも2年に1回は屋外でこうしてがっつり寒さを体感させてあげているしだいでございます。

休眠方法も様々。完全に地上部を枯らしたり、赤く色づいたり、葉の形状をかえたり・・・これはこれで面白いのですが、やはりどうしても殺風景になってしまいますね。

今は大分ガランとしていますが、今しばらくお待ち下さい。水槽をちょっと大きくして帰ってきます。私もちょっと大きくなって帰ってくるかもしれません。なんてね。

 

飼育研究部:ゆぅ