イボベッコウタマガイ

2021年1月 25日(月曜日) 筆者 もりたき

久しぶりにイボベッコウタマガイが入館しました。

前回の入館は2012年11月だったので、およそ8年ぶりです。

ウミウシに似ていますが、厳密にはウミウシの仲間ではなく巻き貝の一種になります。(貝殻は体の中に隠れて外から見ることができないので、見た目はウミウシそっくり)

本種は特に珍しくはない「普通種」で、ダイビングすると結構見かけるようですね。でも、水族館に持ち込まれることは少ないようですね。

イボベッコウタマガイはその真っ黒な体色と形から「おはぎウミウシ」なんて呼ばれたりすることもあるそうです。

(比較画像)イボべッコウタマガイとおはぎ(右)

色かたち、大きさまでもおはぎそっくりのイボベッコウタマガイ。まっくろくろすけですが、よく見るとそれなりにかわいい貝です。

【飼育研究部 森滝丈也】