LET’S協力プレイ!

2021年2月 4日(木曜日) 筆者 やはた

皆さんこんにちは、やはたです。

新年を迎えたばかりだと思っていたら、もう2月に入りましたが皆様いかがお過ごしでしょうか。

 

私は、昨年あることに挑戦していました!それはハイイロアザラシ、ポポの採血です。

ポポは採血をすることが出来るんですが、以前の採血から、時間も経っており、

私にいたってはポポの採血をしたことがなく、初挑戦でした。

 

まずは結果の前に”採血”について少しお話を。

採血とは”血を採る”こと。

私達人間も定期的に行うように、水族館で飼育している動物たちも健康管理の一環として採血を行います。

採血からは視覚や聴覚、感覚では得ることの出来ない情報を得ることが出来るので病気の早期発見、

さらに採血の結果からより詳しい体の状態を知ることが出来ます。

これは動物たちの命を守るためにとても大切なことの一つなのです。

 

鳥羽水族館ではアシカやアザラシの採血は主に後肢から行っています。

後肢とは、よく後ろ足と呼ばれているこの部分↓

そして採血をするために必要な手順は、、、

1後肢を触っても大丈夫!

2後肢を広げても大丈夫!

3指でぐっと強く押しても大丈夫!(血管を探すため)

4針を刺しても大丈夫!

5針を抜いても大丈夫!

ざっくりいうとこんな感じです。

 

簡単に思えるかもしれませんが、この全ては動物たちの普段の生活では感じる事のない刺激、そう未知の体験。

そんな採血は、ポポに我慢してもらい行うわけにはいきません。

動物と人間、お互いの安全安心のためにはポポと私の協力プレイが必要不可欠です。

さあポポとわたしの採血はどうなったでしょうか、、、。結果は次回!

 

【飼育研究部 やはた】