泥岩から見つかった正体不明の二枚貝

2021年1月 15日(金曜日) 筆者 もりたき

昨年9月に熊野灘の沖合底曳き網採集で、水深200-500mあたりから泥岩を採集しました。

今、へんな生きもの研究所の水槽内でオオグソクムシの隠れ家などに使用していますが、なかなか良い感じ。

この泥岩に小さなコケムシやイソギンチャク、サンゴの仲間などが付着していて、実に興味深い。

先日、この泥岩に見慣れない貝(二枚貝)を見つけました。大きさは幅1㎝ほど。

 

片側の殻は泥岩に付着していて、手前の殻の表面は細かな棘状の突起に覆われています。

私は貝の仲間はまるっきりわからないので、ひとまず「不明種」扱いです。これから調べます。

正体がわかる方、ぜひ教えてください!

【飼育研究部 森滝丈也】