君が君であるために。

2021年1月 8日(金曜日) 筆者 ともちゃん

皆さんこんにちは、ともちゃんです。

寒さが厳しくなってきましたね。

セイウチたちにエサをあげる時に、彼らのヒゲが手に刺さって刺さって…

それでも彼らの口内に手を入れると暖かくて暖かくて…

どんなに冷たく返されても最後には優しい笑顔を見せる彼女のような存在、それがセイウチたち。

先日、ポウちゃんとツララのキバ測定の話を飼育日記に書いたところ、お客様から「テンちゃんのキバはいつ頃生えてくるのですか?」というお問い合わせをいただきました!

ありがとうございますm(__)m ナイスタイミングです!笑

ちょっっと見えにくいですが、昨年の12月中旬頃からキバとなる「上顎の犬歯」が出てきました。

写真に収めるのも難しく、何とか撮れた一枚です。

このキバ、やはり生え始めた頃は気になるのでしょうか?

人間の子どもも歯の生え始めは、色んなものを噛んだりしますよね。

セイウチも幼い頃にキバを削ってしまう行動が出ることがあります。

セイウチのキバは生涯伸び続け、同種間の闘争などで折れたりします。

ちなみに抜いてしまうと、生えてきません。

クウちゃんは幼い頃に抜歯をしていますので、何年待っても生えてくることはありません。

キバが無くとも日常生活や生殖機能に問題はないと思いますが、やはり「セイウチ=キバ」というイメージが強い方がほとんどだと思うので、テンちゃんも自分のキバを大切にしてもらいたいですね!

【飼育研究部 ともちゃん】