テンプライソギンチャクの匍匐個体

2020年12月 28日(月曜日) 筆者 もりたき

テンプライソギンチャク はカイメンと共生する珍しい生態を持つイソギンチャクです。

2006年に神奈川県三浦市の磯で初めて見つかり、2018年に新種記載されました。

このテンプライソギンチャクは普段はノリカイメンの一種に潜り込んで共生していますが、時々、イモムシのような姿の個体(匍匐個体・ほふくこたい)が出現してカイメンから抜け出すことが水族館の飼育を通じて明らかになっています。

今朝、久しぶりにこの匍匐個体をたくさん見かけました。

ちなみにテンプライソギンチャクの匍匐個体はどうやら2パターンあるようです。1つはイソギンチャクの下部がちぎれて新しい個体が生まれる場合(矢印)

もう一つはイソギンチャク1匹が丸々が変形するパターン。今朝見た匍匐個体はおそらくイソギンチャク1匹が丸々が変形したものと思われます。

状況から想像すると、どうやら住みかとなるカイメンがやせてくるとテンプライソギンチャクはイモムシのような姿に変形し、新たなカイメンを探しにいくようです。

【飼育研究部 森滝丈也】