ミカワエビ

2020年12月 18日(金曜日) 筆者 もりたき

先日の日曜日、熊野灘の沖合底曳き網生物採集に出かけてきました。

水深200-400mあたりを曳くと色々な生物が採集できますが、その中には小さなエビの仲間も何種類かいます。

その中で、個人的に一番かわいいと思っているのが「ミカワエビ」。お気に入りの「推しエビ」です。

決して珍しい種類ではありませんが、いつも数匹程度しかとれないので、あまり目にする機会はありません。

「三河屋のサブちゃん」みたいな和名ですが、この和名は三河(愛知県東部)に由来するそうです。

ミカワエビはあたま(頭胸部)が大きくてほぼほぼ2頭身に見えるところがチャーミングです。

眼もパッチリとして、キュートですね。

この個体はまだ、予備水槽で養生中ですが、近いうちに展示デビューさせる予定なのでお楽しみに。

【飼育研究部 森滝丈也】