ついに!ヤマトトックリウミグモの摂餌の瞬間に遭遇

2020年9月 29日(火曜日) 筆者 もりたき

先日投稿したヤマトトックリウミグモの摂餌ネタが予想外の反応で、大きく広がっていきそうな予感です(笑)。

そんな昨日の閉館間際。

ふと見かけたヤマトトックリウミグモの動きに少し異変を感じました。

それまで底砂にうつ伏していた体を持ち上げ、吻をわずかですが、ゆっくりと左右に揺らしたり、何度か吻を前方に向けたり…。

これは摂餌行動かも!

確かに目の前にあるイソギンチャクを狙っているように見える…

ウミグモの動きは常にゆっくりで、何度か狙う素振りを見せ、そして止め…。

その動きとこちらの気持ちがシンクロしてドキドキもマシマシ。

そしてついに!ゆっくりと間合いをとっていたウミグモが…一気にイソギンチャクに吻を突き刺しました!

その一瞬の動きの速さ!驚きました。思わず「よし、いったー!」と声を上げるほど興奮MAX!(周りには誰もいませんでした)

イソギンチャクは刺激で収縮するので、一気果敢に突き刺さないといけないのですね。なるほど納得です。

摂餌の間、ウミグモは静止、全く動きません。

しばらく見ていましたが、その後、突如スイッチが入ったようにムズムズと脚を動かし始めると、吻をパッとイソギンチャクから抜き取って摂餌終了。きっかり1時間でした。

一連の行動を観察で、ヤマトトックリウミグモがイソギンチャクを摂餌することに確信が持てました。

次は動画撮影に挑戦です。

【飼育研究部 森滝丈也】