オオグソクムシ水槽に泥岩を導入しました

2020年9月 27日(日曜日) 筆者 もりたき

先日の沖合底曳き網採集で、水深200-500mあたりから泥岩を採集しました。

過去にダイオウグソクムシ水槽に擬岩(FRP製)の隠れ家を入れたら飼育個体の調子が良くなった経験から、今回はオオグソクムシ水槽にこの泥岩をシェルターとして導入してみることにしました。

予想通り、導入するとすぐにオオグソクムシ達は泥岩の下に潜り込んできます。

元々、彼らは堆積した泥などに穴を掘ってその中に潜む習性があるのでこのような環境が落ち着くのに違いありません。どことなく嬉しそうにも見えます(笑)

もっと早く用意してあげれば良かった。

そんなオオグソクムシ達の様子を観察していたら、泥岩の表面に高さ7-8㎜ほどの小さなイソギンチャクらしきものが1つ付着している事に気がつきました。

おぉ、これは初めて見る種類!

本来はオオグソクムシのために用意した泥岩でしたが、こんな生きものを見つけるとこちらのテンションも爆上がり!

オオグソクムシ達と一緒にこの謎イソギンチャクの観察も続けていきます。

【飼育研究部 森滝丈也】