「やまおかの推し魚」第2回 ヘコアユ

2020年9月 24日(木曜日) 筆者 やまおか

今回もやまおかの推し魚コーナーです!

第2回の魚は、初めて見ると誰もが不思議に思うこの魚・・

「ヘコアユ」です!

アユという名前ですが、鮎とは全くの無関係です。

 

この魚は基本的に下を向いて泳いでいて、言うなれば逆立ち状態で過ごしています!

群れて泳いでいることも多く、みんなして逆立ちしています。

フォルムといい、なんとも言えない目がとってもカワイイ。

 

そしてなんとこの魚、薄さがハンパない。

角度によってはただの黒い縦線にしか見えなくなってしまいます。

 

そう、もうお分かりですね、ヘコアユが逆立ち状態なのも、体が薄いのも、すべては身を守るための生存戦略なのです!!

ヘコアユは自然界で背の高い海草や棘の長いガンガゼなどの近くでよく見ることができます。

そうしたところに身を隠し、天敵から逃れているのです。

なんとも素晴らしい進化を遂げた魚ですね!

 

しかしながらこの魚、かなりの硬度を誇るボディを持っているため、食べるのは困難そうであるし、薄さ的にお腹も満たされ無さそう。

一体誰が食べようと思うのか・・。捕食者の存在が気になります!

 

ちなみにヘコアユ、下向きだけではなく、ちゃんと横になっても泳げます。笑

 

【飼育研究部 やまおか】