「いつかの為」に今やれること。

2020年9月 18日(金曜日) 筆者 ともちゃん

皆さんこんにちは、ともちゃんです。

 

ふと、昔の日誌を見ていました。

2015年9月9日、5年前の日誌です。

その日は、僕がクウちゃんと初めてショーに出た日でした。

上の写真は2015年11月の写真。

僕が初めて撮ったクウちゃんの写真です。携帯で撮ってますね。

 

クウちゃんとショーに出るために、動作や流れ、喋りなどの練習を40回ほど重ねていました。

クウちゃんは間違いなく、僕に「セイウチという生きもの」を教えてくれました。

もうあれから5年も経ったのかって、ふと黄昏ていました。

 

5年前と今とでは何か変わったかな?

僕自身はトレーニングの方法や接し方が変わった気がします。

クウちゃんはどうだろ?

この5年で3回も出産して、今は立派なお母さんになりました。

でも中身はどうかな?良くも悪くもあまり変わってないかもしれません。

 

こうして振り返ることができるのも、ポウちゃんとクウちゃんが鳥羽水族館にやってきてからずっと書いている「飼育日誌」があるから。

エサの量だけじゃなく、その日の天気や便の状態、どんな動きをしていたか、どんなトレーニングをしていたか…。

 

今日、僕が書いた日誌が、いつか誰か(人間もセイウチ両方)の役に立てばいいな\(^o^)/

今日もセイウチたちは元気です!

 

【飼育研究部 ともちゃん】