今日のヒゲボンボン

2020年9月 4日(金曜日) 筆者 もりたき

熊野灘の水深200mで採集した謎生物「カニのヒゲボンボン(仮称)」。この生物は等脚目アミヤドリムシ類の一種で、エンコウガニの第1触角に寄生しています。カニの触手につかまり、体液を吸っています。

それにしても等脚目(ダンゴムシの仲間)の多様性は凄まじいものがあります…

今回は奇跡的に2匹が左右の触角に寄生していましたが、ダブルで寄生しているとカニへの負担が大きいと思われたので、右側の個体だけ残しました。

現在、この個体を水槽内で観察しています。

このヒゲボンボンを採集したのは6月3日、最初の内は卵形でしたが(画像は7月13日撮影)

オレンジ色の生殖腺の発達に伴い、どんどん変形(成長)しています。今朝はこんな姿。

画像を重ねると成長具合がよく分かります。

目に見えているものはメスなので、この体の中に小さなオスがいれば、幼生を孵出するはずです。

生態は全く知られていないため、水槽内での観察は貴重なデータになります。

【飼育研究部 森滝丈也】