当たり年

2020年9月 1日(火曜日) 筆者 たかむら

水族館に持ち込まれる生きものは、いつも同じというワケではありません。

例えば、カエルアンコウ。海の底で暮らしています。

漁師さんから「獲れたよ~」と連絡があって久々にその名前を聞いたなぁと思っていたら、その後あちこちらから声がかかって、現在では複数個体を飼育している状況です。

まったく見ない年もあるのに不思議です。

え??これが魚?って声が聞こえそうですが、れっきとした魚の仲間です(アンコウ目に属します)。

こちらは【ハナオコゼ】。流れ藻について生活しています。

両種ともあまり動かずじっとしています。

動く時は、手や足のように見える胸びれや腹びれをつかって、よいしょ、よいしょと歩いて?這って?移動します。

泳ぎは…上手じゃないんです(泳ぐこともあります)

可愛らしい顔をしていると思うんですが、見る角度によっては、いかつい顔にもなります。

「おうおう!何見てやがる?」って言いだしそうです。

今年は【カエルアンコウ】の当たり年なのかな?って思っていたら、最近になって【色変わりのカエル】たちが、ぞくぞくやってきました。

どうやら「カエルアンコウ」じゃなくて【カエル】の当たり年だったみたいです。

【飼育研究部 たかむら】