「あみ目の板」と「カゴ」

2020年8月 20日(木曜日) 筆者 オカピ

みなさんは、ジュゴンプールの中にこの「あみ目の板」が沈んでいるのを見たことがありますか?

これは給餌板と呼んでいるものでジュゴンの餌であるアマモを植え付けるためのものです。

ジュゴンは海底に生えている海草を食べるため、口が下向きになっています。

 

このようにアマモを植え付け、プールに沈めると・・

 

アマモが食べやすくなるのです。

 

そして次は「カゴ」について。

 

右はロメインレタスを入れるまえの状態です。

水色のマットの上にロメインレタスを入れてプールに沈めます。

水色のマット・・じつはお風呂マット。

ジュゴンがロメインレタスを食べていくと、浮力のあるお風呂マットが上がってきます。

そうすることで、カゴに顔を突っ込む必要がなく食べやすくなるのです。

これは、すべて飼育員の手作りです。

ジュゴンの餌の食べ方も「もぐもぐ」と口を動かせて面白いですが、手作りの「あみ目の板」と「お風呂マットの入ったカゴ」

も見てくださいね!

 

【オカピ】