ヒトデの口が開くとき

2020年8月 10日(月曜日) 筆者 もりたき

先日も飼育日記で紹介したばかりですが、カンムリヒトデが大きな口を開けて(周口膜が縮んだ状態)胃の中で生活するカンムリヒトデスイクチムシが丸見えになることがあります。

普段、口が閉じている時はこんな感じですが…

今朝はこれまでに見たことがないほど口が広がり、胃の中のスイクチムシが丸見え状態でした。

その後、ふたたび見に行っても、まだ大きく開いたまま。これはなかなか珍しい、と思いながら、いつものように撮影し、パソコン上で画像を見返していると…

おぉ!画像にスイクチムシの卵らしきものが写っているじゃないですか!(中央にある小さな白いものが卵塊のようです・撮影時は気がつきませんでした)

これは貴重なシーンです。

ヒトデの口が開くのは、スイクチムシの産卵と関係するのかもしれません。カンムリヒトデスイクチムシは一生のほとんどをヒトデの胃の中で生活しているので、産卵のタイミングでヒトデの口が開くとしたら合点がいきます。

水槽の中でこういった生物の密かな営みに遭遇すると萌えますね(笑)

【飼育研究部 森滝丈也】