ジュゴン水槽の推しメン。

2020年7月 19日(日曜日) 筆者 しんたに

なかなかすっきりしない天気が続いていますね。。

そんな中、ジュゴンのセレナは今日も元気よく餌のアマモを食んでいます。

食べる勢いが良すぎて、もう給餌板にはほとんどアマモは残っていません。しかし、今日の主役はセレナ…ではなく、写真右端にうつるお魚。

このお魚、アカモンガラといい、ひらひらとした背びれと胸びれでジュゴン水槽でもかなり目をひくお魚なんです。

見た目ももちろんですが、実はある行動がしんたに一推しとなっています。さぁ、アカモンガラをもっと好きになれる可愛いポイントをご紹介しましょう。

先ほどの写真ではほとんどアマモがなくなっていた給餌板ですが、投入直後はこのようにぎっしりアマモが植わっています。

さて、そんなアマモに群がるお魚さんたち。そのなかでひときわリラックスしているのがアカモンガラ。写真中央にいますね。

実はアカモンガラ、アマモに身体を預けて休んでいます。いつもはヒレを一生懸命動かして水槽内をピロピロ泳いでいますが、アマモ投入後はこのようにすかさず自分のお気に入りの位置を確保し、リラックスしています。

また、別の日も。。

今回は真正面です。

このアカモンガラを見ると、ジュゴンの食べているアマモが自然界ではシーグラスベッドといい、様々な魚の隠れ家や生活の場となっているのもうなずけます。

アカモンガラのそそくさとアマモに寄り添っていく様をぜひ見に来て下さいね。

【飼育研究部 しんたに】