ヒヤヒヤドキドキ

2020年6月 19日(金曜日) 筆者 まなべ

ある日、館内を歩いているとちょうどワニの水槽を掃除しているところに遭遇しました。

ここにいるワニはミシシッピーワニという種類で、大きくなると6mにまで成長するワニです。

名前はワニゾウ(手前)とワニタロウ(奥)といいます。

ちなみにワニゾウはオスでワニタロウはメスらしいです(笑)

 

これから7月に入っていくと繁殖の時期になり、どんどん凶暴になっていくようでガラス越しに見ている分にはかわいいですが、中に入って掃除することを考えるとかなり恐いですね。

しかし、そんなワニが迫ってくるのを飼育員は阻止しながら素早く丁寧に掃除をしていました。

その様子をヒヤヒヤドキドキしながら見ているお客さん、これはもうひとつのパフォーマンスと化していました。

 

そんなヒヤヒヤドキドキな掃除が終わると、ワニゾウもお兄さんに撫でてもらえてどこか嬉しそうでした。

良い光景だなぁと最初は思っていましたが、冷静に考えると恐っ!

 

そんな掃除は週に1回行っているみたいなので、運が良い人は見ることができるかも!

ですが、ワニゾウとワニタロウは毎日見れますよ!ぜひ見に来てあげて下さいね!

 

【飼育研究部 まなべ】