愛情いっぱいのお手紙

2020年6月 16日(火曜日) 筆者 いま

みなさんご存知かもしれませんが、5月31日はツララ11歳の誕生日でした。

ポウ、クウは野生個体であるため正確な誕生日は分かりませんが、

セイウチの出産は春~初夏にかけて行われることが多いことを考えると、

2頭もそろそろ歳を重ねた頃合いかもしれません。

ちなみに入館してからの期間でいうと、15年目を迎えております。

そんなひそかな話題を、数年前に来館していたお客様が覚えて下さっていたようで、

ありがたいことにも数枚お手紙が届きました。

 

ポウ、クウ、ツララの誕生をお祝いしてくださる、セイウチ愛がたっぷり詰まったお手紙ばかりでした。

その内のある送り主様は、13歳の女子中学生で、幼稚園のころからポウ、クウのファンだというのです。

 

担当者一同、喜びと感謝がいっぱいで早速返事を書こうと筆を執りましたが、、、

送り主様の住所が書いてありませんでした。

なんとかこの思いをお伝えしたく、この日記に書かせてもらっているという訳です。

 

お手紙には、ポウの体重500㎏時代のことも書いてあり、私も知らないポウ、クウを知っていることに羨ましさも感じました。(笑)

ですがなんといっても、幼き日の送り主様はある日セイウチに恋をし、今なおファンでいてくれて、更には水族館の飼育員も目指しているそうで、、、。

 

本当にありがたいお話しです。

皆さんの応援と愛情しっかり届いてますよー!!

 

これからもよろしくお願い致します!!(^^)/

 

飼育研究部【いま】