隠れて・・・ます?

2020年2月 8日(土曜日) 筆者 やまおか

砂の中からニョキッと出ている姿が大人気のチンアナゴたち。

 

鳥羽水族館では同じ水槽内に・・・

ダルメシアンのようなブチ模様の「チンアナゴ」

 

オレンジと白のコントラストが見事な「ニシキアナゴ」

 

そしてまさに真珠のような白い斑点が並ぶ「シンジュアナゴの仲間」の3種類が暮らしています。

「シンジュアナゴの仲間」としているのは海外から来た種類であるため、正式な和名がついていないのです。

 

そんなチンアナゴたちですが、夜になると身を守るために砂の中に潜ります。

なので、夜に水槽を見ると誰もいないような水槽になるのですが・・・

 

しかし!!

ある日の夜、シンジュアナゴの仲間がこんな状態で見つかりました。

これじゃまったく身を守れていません。

さらに、違う個体はこんな感じに・・・

 

まさに頭隠して尻隠さず。あ、尻ではなく尾ですね。

 

ちなみにチンアナゴなど、一部のアナゴの仲間は尾の先に尾びれがなく、尖って硬くなっているのです。

この硬い尾のおかげで、砂を上手く掘ることができるのです!

 

【飼育研究部 やまおか】