シーポンはついてきてくれるのか?

2020年1月 25日(土曜日) 筆者 つじ

来るべきイベントに向けて?今年はネズミ年ということもあり?

理由は色々とありますが、最近時間が出来たタイミングでポンくんと散歩をしています。

ポンくんとはご存じ、アメリカビーバーのシーポンくんです。

冒頭でも触れましたが、最近散歩をしている理由の一つにお客さんの量があります。

当館ではお正月の繁忙期を超えて落ち着いた雰囲気なのですが、

静かだとポンくんが僕を認識しやすいということがあります。

申し遅れましたが、僕はポンくんが生まれた当初から担当していることもあって、

僕のことを何となく覚えているような気がします。

実はビーバーはあまり目がよくないということもあって、ほとんど匂いで判断しているのですが、

お客さんが多いと僕を見失ってしまう傾向があるのでこのタイミングでぼちぼちと二人で歩いています。

調子がいいとダーッとついてきてくれるのですが、気がそれたり帰りたかったり?で、

手のにおいをかがせて、こっちおいで!の連続です。

ちなみにどこかへ行ったきり、僕についてきてくれないと

結局僕が体重16キロを抱っこして帰らないといけなくなります。(これがほとんどなのですが。。)

ポンくんの調子とタイミング次第なので不定期ではありますが、

見かけたら道を譲って優しく見守ってくれるとありがたいです。

飼育研究部 つじ