カワラキンコが産卵しました

2020年1月 24日(金曜日) 筆者 もりたき

昨日、紹介した熊野灘で採集した正体不明ナマコを調べてみましたが、どうやらカワラキンコ  Hemiocnus tegulata のようです。

瓦のように重なった強固な体壁の骨片が特徴のひとつで、よく見るとなかなか味わい深い姿をしています。体長1cmほど。

飼育種類数日本一(1200種)の鳥羽水族館ですから、さっそくこのナマコも飼育生物として登録したいと思います。

さて。そのカワラキンコですが、種類を調べようとシャーレに取り分けてしばらく放置していたら、何と卵を産みました(受精はしていません)

卵径は0.3mmほど。体の割に大きな卵のように見えますが、ナマコの仲間としてはそれほど大きな卵サイズではないようです。

こんな風にして簡単に産卵するのであれば、オスとメスを一緒にしておけば繁殖も狙えるかもしれませんね。

それはまたの機会に…

【飼育研究部 森滝丈也】