沖合底曳網採集に出かけてきました

2020年1月 23日(木曜日) 筆者 もりたき

昨日は今年初となる沖合底曳網採集でした。紀伊長島の甚昇丸さんにお世話になり、早朝3:30に出港、港に戻ってきたのは19:00近くでした。

今回は比較的浅め(170-220m)だったので、目当ての底性生物はあまり採集できなかったのですが、少し気になる生物がいました。

こちら、サボテンボヤの根元から見つけた小さな白いナマコ(縮んだ状態で7㎜ぐらいでしょうか)

このナマコ、初めて見た気がします。

採集した3つのサボテンボヤの内、2つの根元に計4匹のナマコが付着していました。好んでこの場所を選んでいる可能性があるかもしれません。

さっそくサボテンボヤと一緒にへんな生きもの研究所アパート水槽に収容しました。

一晩放置したら、触手を伸ばしました。

目立たない生物ですが、気になる方は是非。アパート水槽10号室のジンゴロウヤドカリと同居しています。

【飼育研究部 森滝丈也】