カミナリイカを展示しました

2019年12月 27日(金曜日) 筆者 つぼんぬ

今年も終わりに近づいてきましたが、この12月に久しぶりにカミナリイカの展示を始めました。

伊勢志摩の海・日本の海ゾーンの3階の水槽にひっそりと仲間入りしました。

なぜひっそりかというと、砂に潜っているからです(この写真はまだ姿が見えている方で、体全体に砂をかぶっていることが多いです)。

コウイカの仲間は砂に潜って休憩することが多いですが、カミナリイカは特によく潜ります。よくと言うよりも日中は常に潜っています・・。

でも、いつ見ても潜っている場所が変わっているので、ひっそりと移動しているようです。

鳥羽水族館では、現在、イカの仲間のアオリイカ、コブシメを展示していますが、第3のイカとして隠れキャラみたいな存在になれればいいなあと勝手に思っています。

スナメリの水槽から二つ手前の水槽にいます。ぜひ、探してみてください。

【飼育研究部 つぼんぬ】