オカダシンカイコシオリエビ

2019年12月 22日(日曜日) 筆者 もりたき

熊野灘の漸深海帯からオカダシンカイコシオリエビがやってきました。今回の個体はなかなか立派なオスです(鋏脚の先端から腹部まで5cmぐらいあるでしょうか)

長い鋏脚がオカダシンカイコシオリエビの特徴ですが、メスの鋏脚は少し短いですね。こちら↓は以前飼育していたメスの画像。

顔つきがどことなくセミっぽい雰囲気です(笑)。私の好きな甲殻類のひとつです。

オカダコシオリエビは沈木に依存する習性があるようで、頭を下にして沈木に取り付く姿をよく見かけます。

過去には沈木をむしり取るように食べている姿も見かけたことがあります。

私の推しキャラなので(笑)ご来館の際は是非ご覧ください。

へんな生きもの研究所アパート水槽2号室で展示しています。

【飼育研究部 森滝丈也】